スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇給に期待はできない人たちの人気副業ツールとは

こんばんわ


写真拡大FXは小額から始められるため、ビジネスパーソンや主婦からの人気が高い。ついこの前まで正月心理状態に浸っていたのが、早くも2月に突入した。年度末が近付いてくれば、ビジネスパーソンの中には定期昇給がどーなるのか、気になる方もいるのではナイだろうか。

第一生命経済研究所のレポート「2011年春闘・賃上げ率予測」によれば、2011年の賃上げ率は+1.85%で、2010年(同+1.82%)より若干の拡大が見込偶さかているというが、企業収益の回復などがもともと緩やかな分、改善の度合いは超小幅に抑えられてしまうようだ。

とはいえ、一般の方々の実生活では歳をとればとる程ライフ催しもの(結婚、出産、住宅など)が増え、お金円がかかってしまうのが通路理で在る。給与の上昇率が私生活の異変に対応できなくなっている現下、ビジネスパーソンや主婦の間では副収入を求める人が増加しているのも頷ける。

特にFXは小額から始められるため、人気が高い。例えば、海外では日本人のビジネスパーソンや主婦など、小口の個人投資家を総じて「ミセスワタナベ」と呼んでおり、FX市場を動かす程の影響力を持った一大勢力と見られている。

だが、「ミセスワタナベ」は高度な投資知識を持っていナイという特徴も在るようで、勢力が大きいとはいえ、個人個人に焦点を当ててみると損を出してしまっている人も多いと聞く。

というのもFXは各国の政策、市場マインド、経済状況など様々な要素が入り組んで推移する市場で在る。現下はレバレッジが規制されて低リスクな商品になったとはいえ、駆け出しがいきなり利潤を出せる程簡単な市場ではナイ。

さらに、真剣に投資をしようとするとFX市場は24時刻取引が可能なため、どうしてもプライベートの時刻を割くことが多量なってしまう。それでは生活を向上させる目的で始めたFXに日常を荒らされるという本末転倒な結果に陥るのではナイだろうか。

そんな中、多量のビギナー投資家が注目しているのがFXの自動売買ソフトで在る。これはパソコンの中にインストールしておくと、自動で最適と予想されるFX取引をしてくれるもの。中でも株式企業ライズワンが発売している「BeeComシリーズ」はその代表格と言われている。

この「BeeComシリーズ」が投資家の間で一気に話題となったのは、やはり年利79%という実績で、10年以上の市場テストを繰り返してきた結果が大きい。

もともと「BeeComシリーズ」には一流トレーダーや金円融工学の玄人、数学者等の英知を集結した最先端のロジックが搭載されており、投資の精度には定評があった。

当然、「BeeComシリーズ」の実績の裏には、サブプライムローン、リーマンショック、ギリシャショックなど、急激に変動する相場に対応するための、自動バージョンアップ性能も忘れてはいけナイ要素の一つで在る。

さらにはFX駆け出しだけでなくパソコン駆け出しの方でも安心して利用出来るように、操作性を解り易くしたり、突然の停電に備えて取引はサーバー上で管理するという工旦那がなされている。また、業界最多の4社の証券口座と接続可能ということもあり、最近ではシニア層が資産運用に利用することも多いという話しだ。

現下、多量の企業が定期昇給を凍結したり、終身任用を取り止めるようになってきた。つまり給与が毎年必ず昇給するとは限らナイ時代なのだ。であれば、こういった資産運用ツールを利用して自分の生活を自力で守るというのも、これからの私たちに求められる能力といってイイのかもしれナイ。


■関連リンク
ライズワンのビーコムの詳細はこちら






【Q&A】
mak6_39さん

サラリーマンの副収入を雑所得で確定申告し税金銭を払うのと、その収入を企業(法人)の売上として給与で貰うのと個人的にどちらが有利なのでしょうか?
本業の年収は350万~副収入として金銭額は変動がありますが年間300万~位(予定)の収入があり経費として計上出来るものは少ナイです。
採用主との関係は良好で企業名義で取引を行い個人の給与としてプラスしてもらう交渉も可能です。
(退職した場合は個人としての取引に戻す事もクリアできますし、企業の業績悪化に巻き込たまさかるという事も無いと思います。)
このまま個人として税金銭を支払うのと企業と話し合い給与として受取り、社会保険料等を控除してもらうのと、個人的にはどちらが有利なのでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答

nakaseumare1950さん

①仮に、副収入から源泉所得税が控除されていナイとして、経費がゼロとした場合は、社会保険料が増える分だけ、給与とした方がとくでしょう。
②経費が、社会保険料の増加分より多い場合は、雑所得として確定申告したほうが、経費が①の社会保険料より多い分得でしょう。
③副収入から源泉が引かれていて、支払調書が相手から提出されている場合は、雑所得として給与所得と合わせて、確定申告するその他ありません。選択の余地は有りません。
一番大事なのは、副収入の経費の額と、源泉所得税が引かれているかです。
繰り返しになりますが、副収入が源泉ゼロ、経費ゼロだとして考えれば、確定申告しても、全体として所得が増えるだけの事です。ですから、社会保険料の額を増やす意味で、給与とした方が幾らか有利です。しかし、使はナイかも知れナイ健康保険や、失業保険の額が増えることにもなります。








ありがとうございました。

GSM

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
プロフィール

護佐丸

Author:護佐丸
このBLOG管理人の護佐丸です。
宜しくお願いします。

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
カテゴリ
FC2カウンター累計
最新記事
関連リンク
clickTX

楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO対策パーツ

  • SEOブログパーツ


seo great banner
相互リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。